2013年10月15日 (火)

やなせたかし先生 ありがとうございました

古いお話で恐縮ですが、ビバーチェでは「なぜいのちは大切なの?」という小冊子をつくっていました。

医療者や政治家など各界の著名な方に、子どもたちからの質問に答えて頂くという内容で、2009年に作成した第二号ではやなせたかし先生にもご協力を頂きました。
小学生のインタビュアーに対して、とても丁寧に戦争の時のこと等をお話して下さったのが印象に残っています。
その時のインタビューで、子どもたちがこんな質問をしました
「なぜ人を殺してはいけないのですか?」
やなせ先生はこうおっしゃいました
「例えばあなたを傷つけたら嫌でしょう?泣くでしょう?
他の人も皆同じ。
自分の嫌なことを、人にしてはいけないんです」
また、「死んだらどうなるの?」という質問には、笑いながらこんな風におっしゃいました。
「そんなことはわかりません(笑)
多分何もなくなります。全て土に帰る。
私たちは何もないところから生まれて来ているんです。
でも心というわけのわからないものがある。
それが一体どうなるのかなぁと思いますね。
今度私がユウレイになったら、君に教えてあげますね」
温かくてユニークで
それでいて少し切ない、やなせ先生の作品に
涙したり、勇気づけられた人はたくさんいることでしょう。
もちろん私もその一人です。
やなせたかし先生がお亡くなりになりました。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)


今日は大磯町の「海の見えるホール」にて子どものほすぴすチャリティーコンサートに来ています。

強い風の中、180人以上のお客様がお越し下さいました。

感謝、感謝です。


このホールは山のてっぺんにあって、舞台の後ろが一面の海!
とても気持ちのよい会場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

遅ればせながら、今年もよろしく! です

遅ればせながら、今年もよろしく! です


海のみえる森でセラピードッグ(兼イノシシよけ)として活躍中の、バロンとメイです。
 
今年はいよいよグランドオープン。
 
忙しくなるぞぉ
 
今年もよろしくお願いします〓

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

子どものホスピスサポーター育成セミナー 2013年1月開講します!

ビバーチェでは子どものホスピス支援の一貫として、2010年からボランティアやサポーターの育成を目的とした講習会を開いています。

第三期となる今回は、英国小児ホスピス ヘレン•ダグラスハウスのサポーターとして支援を続けて来られた喜谷昌代さんを第一回目の講師としてお迎えし、世界初の子どものホスピスの現状や課題、ボランティアとして大切にされて来たものなどについて貴重なお話を伺います。
また、全六回のシリーズのうち、医師による講義や子どものホスピスを利用されたご家族からのお話など、盛りだくさんの内容になっています。
子どものホスピスに興味のある方も、すでにボランティアとして活躍されている方も、是非ご参加下さいnote
※詳細はこちらへ
ビバーチェホームページ  http://www.ikiruchikara.org/info.html#1126_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年12月 1日 (土)

子どものホスピスチャリティーノルディックウォーキング大会!

子どものホスピスチャリティーノルディックウォーキング大会!
子どものホスピスチャリティーノルディックウォーキング大会!
子どものホスピスチャリティーノルディックウォーキング大会!
今日は第1回子どものホスピスチャリティーノルディックウォーキングが開催されました。

お天気に恵まれて、秋の里山を気持ち良く歩きました。

ゴール後は焼きたてピザと焼き芋、温かい豚汁とアジの干物を炭火であぶって頂きました。

おいしくて、楽しかった!
ぜひ定着させたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

バザー準備着々…!

Photo

先月に引き続き、来週水曜日からのツリーハウス一般公開でも、ご寄贈品のバザーを開催します。

今日はこんなにたくさんのお品を都内在住の皆様から頂いて参りましたheart04

素敵な子供服やおもちゃ(新品もたくさん…sweat02)マウンテンバイクやボディボードなどまで盛りだくさんです。ご協力頂きました皆様に、心から御礼を申し上げます。
これから綺麗に仕分けをして陳列し、このバザーの収益は子どものホスピスに難病の子どもたちが宿泊する際の費用に使わせて頂きます。

夏休みはまだまだこれからが本番!
来週は是非大磯まで遊びにいらして、掘り出し物をGet!して下さい。

<集まれ!元気な子どもたち 〜海森夏祭り〜>

◎ 日 時 平成24年8月1日(水)〜7日(火)10時〜15時

◎ 場 所 子どものホスピス『海のみえる森』事務棟内、駐車場
        シンボルツリーハウス
       (神奈川県中郡大磯町東小磯563番地) 
◎ 内 容
(1)シンボルツリーハウスの一般開放•公開
    会場 イソジンツリーハウス
    
(2)寄贈品によるバザー
    会場 事務棟一階個室
    子供服(夏用)•靴•おもちゃ•書籍等の販売
    価格帯は10〜2000円

(3)物販
    かたつむりクッキー300円、コロリン200円、ラムネ100円、
    ペットボトル飲料150円、コーヒー200円、

(4)工作コーナー
    会場 事務棟大ホールまたは駐車場の三角小屋
    うちわ作り 300円
    ひかる泥だんご作り 500円

(5)ゲームコーナー
    会場  事務棟駐車場
    •魚釣り(お菓子付)
    •水風船投げ(水風船一人5個を的に向かって投げる!)
    両方参加して100円

(6)ストリートオルガン&クラウン チャリティライブ
    被災地でチャリティライブを行っているストリートオルガンやオルゴ 
    ールのミニライブを行う。
    会場  イソジンツリーハウス
    日時  8月2日(木)11時、14時
    協力  株式会社 トーアトレーディング様


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

ラジオ中継中〜!緊張します…

Fm

ただいまFM横浜ラジオに出演中!

次の中継は11時30分からです。

リポーターの藤田さん、リクエストを聞いてます。

近隣の方も駆けつけて下さって、盛況ですsun


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

明日7/5 FM横浜にてツリーハウス中継されます!

こちら大磯は、今日も快晴!

森からは湘南の海がとても綺麗に見ることができます。


明日ラジオ番組にて、海のみえる森のツリーハウスが中継されることになりましたheart01
FM横浜で朝9時から放送されている「THE BREEZE」という番組です。
北島美穂さんのお声がとても素敵で、私は大ファンなので嬉しいですlovely

明日は番組内の「もっと知りたい神奈川!街角レポート」というコーナーで
レポーターの藤田優一さんが中継をされます。
予定では10時と11時半頃に、それぞれ5分程度ということです。
お楽しみに!

ツリーハウス一般公開についてと、バザーについてご覧頂ければと思っています。
バザーの方も、お陰さまでほとんどの商品が売り切れてしまいましたので
今日は新しい商品を補充しています。
子供服はファミリア、BeBeとか、大人ものだとベルサーチやサンローランなどの
ブランド物や未使用品もあります。
7日(土)まで開催していますので、是非お立ち寄り下さいねsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

ツリーハウス公開&チャリティコンサート盛況です!

Photo


小雨まじりですが、ツリーハウス公開していますhappy01

クラリネット奏者田中正敏さんによるチャリティコンサートは大盛況!
会場は満席で、立ち見の状態です。
ルパン3世のテーマ曲ではじまり、今はしっとりとしたホイットニーヒューストンの曲に
皆様聞き入っていらっしゃいます…

チャリティバザーも開始時間前からお待ち頂いた程の盛況ぶりです。

15時までやっていますので、是非お運び下さいませheart02

あ、トトロの挿入歌だ〜heart04
このライブは現在 USTREAMでご覧頂けます!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

第二回ツリーハウス一般公開 7/1〜7開催!タウン誌に掲載されました

今月からはじまったツリーハウス一般公開ですが、今週末7/1(日)から一週間また開催します。

今回は寄贈して頂いた子供服やおもちゃなどのバザーと一緒に

1日にはクラリネットのミニコンサートも開催されます。

お天気も大丈夫そうなので、梅雨の合間に大磯へお立ち寄り下さいsun

掲載記事

神奈川新聞
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1206260019/

湘南ジャーナル
http://www.shonan-journal.com/?p=4999「live20120701umimori.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«ある日の海森で